EZO -いいぞ-

1分で考えたブログ名。特に、意味はない。

【AniPAFE】傷物語でMADを作った話【2018】

お久しぶりです。いつの間にかブログの一番上に広告が出るくらい放置してました。
タイトルにもあります傷物語のMADはこれのことです。

動画の投稿から2ヶ月半ほど経ってしまっていますが、ついに反省文を書き始めます。
このシーンはこんなこと考えて作ってました~とか書ければいいなと思ってます。よろしくお願いします。

とても速いMADがやりたかった

最初のコンセプト・やりたかったこととして、「テンポがめちゃくちゃ速い(当社比)切り貼りMADを作りたい!」というものがあります。

切り貼りなのは、単純に僕の技術力が足りないからです。
下手に3DCGや静止画その他を活用したスタイリッシュ演出に手を出そうとしたらボコボコにされると察したので、今まで(といっても2~3年ですが)培ってきたカット編集と構成で勝負するかー、となりました。

テンポについては、今までの僕がアニメ素材で作った動画を見返した時、ほとんどが1カット長めでキャラの動きを見せていると感じたからです。
ニコニコ動画を漁ってカッコいいロック系の曲に合わせた切り貼りMADを見ると、切り替えの速さを重視してそのカットでキャラが何しているかよくわからない動画も多くありました。でもそれは悪い意味ではなくて、超高速切り替えのテンポで爽快感を与えているのでした。
それらを見て単純に「これやってみたい」と思い、今回の動画に取り入れてみた次第です。

あとこれはいつものことですが、歌詞とのシンクロ音ハメはめっちゃ頑張りました。これがやりたくてMAD作ってるまであるので。
この曲をお借りしましたが、死ぬほどカッコいいので皆さん聞いてください。

突然のフランス語

これです。

f:id:clank0920:20181126234949p:plainf:id:clank0920:20181126234956p:plain

当初は元の映像にあった文字をそのまま使ってたのですが、冷静に考えて文字の内容と動画のシーンで合わなくて意味不明になりました(当たり前)。

ある程度似たフォントを探してきて、ちょっと光ってる風にエフェクトかけて、なんかそれっぽい文字を入れて……という感じでこれらのシーンを作ってみました。Oが○に近いフォントを探しましたが、あとから見ると太さがオリジナルと全然違うやんけ……。
ちなみに文字は歌詞やセリフから適当にとって、それをGoogle翻訳でフランス語にしています。雰囲気出れば良いんだよと自分に言い訳してます。ちなみに動画タイトルもフランス語で、「月明かり」で調べたやつをコピペしました。
f:id:clank0920:20181126235521p:plain このシーンの文はフランス語版の「噂をすれば影がさす」を探したつもりです。あってんのか?

この他にも、羽川が出てくるところでは「CHAT」と出していたりしました。猫ですね。そのシーンは歌詞でも猫って言ってるし完璧な演出だ素晴らしい。

歌詞+モーション

サビで使ってました。こういうやつです。

f:id:clank0920:20181127000206p:plainf:id:clank0920:20181127000213p:plainf:id:clank0920:20181127000159p:plain

なんだかTwitterAMVやらMADやらに歌詞を載せまくる演出が流行ってるとかなんとかという噂を聞きつけ、「よっしゃ俺はちょこっとしか歌詞出してやらねーぞ」という謎の反抗精神を見せた演出がこちらです。
歌詞のシンクロを重視してるとか言うなら本当は全編で歌詞を載せてアピールするべきなんでしょうが、反骨精神が優先されてしまった次第です。

同じ歌詞のときに同じ演出っていうのをやってみたかったので、上のスクショ1枚目みたいなやつをやりました。1番とラスサビで切り裂かれる方向だけ違う。エモい。

あと文字がバラバラに画面外から来るやつとか(2枚目)、図形の上に載ってるやつとか(3枚目)もやってみたかった次第です。なかなかいい感じにイーズが効いて、エモかったと思います(個人の感想です)。

語れることがない

……と、ここまで書いて、動画自体については語ることが無くなりました
最初から難しい技術とか使ってないし仕方ない。あとは雰囲気です。

他のMAD作者さんのブログなどを拝見して思うのが、技術的な点で圧倒されるのはもちろんのことながら「皆さんいろんなこと考えて動画作るんだなあ」ということです。
ここは○○を表現していて、あのシーンは△△の比喩で、それは□□のキャラの心情です……といったことを、残念ながら僕は語れません。
僕の場合、映像として見ていて気持ちがいいことを最優先にして作っています。キャラが何を思っていようと誰がなんと言おうと、そしてそこに意味がなかろうと、「曲のここで真っ黒になって白で文字出したらなんかエモいじゃん」と思えばその演出ありきで動画を作ります。
自分で書いてて薄すぎて心配になってきましたが、実際自分で作った動画は最高にエモいと感じられているので、多分この先も変わりません。

まさかの

そんな調子ですので、「今回も好き勝手やれて面白かった、さて入賞作品の神MADたちを崇めるぞ」という気持ちでニコ生を見始めました。
遅刻しました。
発表されている動画が66位のもので、仮に賞なんて入っててもとっくに過ぎてるななどと思っていたのですが、1時間以上も66位が続いているということで目玉が飛び出ました。

そして超厚い壁である66位を抜けて、第50位。
f:id:clank0920:20181127003102p:plain
f:id:clank0920:20181127003110p:plain
出典:#AniPAFE2018 AMV/MAD FESTIVAL in JAPAN 結果発表&感想:AniPAL AMV/MAD Communications Club JAPAN - ブロマガ

完全に油断してニコ生を見ていたので、今度は心臓が止まりました。
ということで、「Clair de Lune」が総合賞50位いただきました!!ありがとうございます!!!!
去年の反省記事で言っていた「賞をとる」が、ガチで叶ってしないました。本当にありがとうございます。それも選曲賞とかがとれたら嬉しいなーとか気軽な感じで(当然それも狭き門ですが)考えていたので、総合賞に入れるとは思っていませんでした。とても嬉しいです。

賞を取れたということは、自分のエモいは間違ってなかった、他の人と共有できるものだったということが証明されたことになります。この事実が何よりも嬉しいのです。

さらに言えば今年は参加動画がめちゃくちゃ多くてしかも神MADばかりで、僕自身投票の時に断腸の思いで投票を諦めた動画がいくつもあります。
そんな中で自分のMADを選んでくれた方がたくさんいて50位まで押し上げていただけたと思うと、感動しすぎてここを感動のピークにするべくAfter Effectsをアンインストールしてしまう勢いです。

実際ここがピークなんじゃないかとは少なからず思っています。来年もAniPAFEは(多分)参加しますが、また賞をとることはとても難しいでしょう。
しかし、次回もきっと挑戦します。その時はまた、皆さんと「エモい」を共有できたら嬉しいです。

追記:実はポスターを作っていました。それだけ。