EZO -いいぞ-

1分で考えたブログ名。特に、意味はない。

【TED-7】How fake news does real harm

口内炎が治らない。キレそう。ちゃんと栄養はとってる(つもり)だしそこそこ寝てる(つもり)だし早く治せ。頑張れ俺の身体。

www.ted.com

字幕なし

多分、銃とか平和について話していた。ある20歳の女性が、テロなり銃なりによってひどい目にあってしまったみたいなことを言っていた。しかしそのくだりの続きでシリアスな話が続くのかと思ったら、いきなり聴衆が笑い始めて困惑して、また趣旨がわからなくなった。ジョークを挟んだ(?)ことがよくわからなかった。恐らく重要であろう部分に意味がわからない単語があり、詰んでいた。

英語字幕

結局なんで笑ってるのかはよくわからなかった。
とりあえず、テロ云々がフェイクによって対応遅れのひどいことになったので、嘘ニュースには気をつけようということだった。気がする。意味分からなすぎて、1週間で英語に対する苦手意識が100倍になったかも知れない。

日本語字幕

笑っていたのは政府の返答に対する皮肉的なものだった。よくわからない。
スピーチの趣旨としては、上記の女性は50人以上の集団拉致被害者の一人であり、その拉致事件の解決・人質返還がフェイクニュースのせいで遅れたことを例に、フェイクの危険性を自覚・対策しよう……みたいなものだった。
ネットの情報を鵜呑みにするなとか、見出しだけで判断するなとか、我々みんなが発信者で責任があるとか、まあ有りがちと言えば有りがちな話だった気もする。重要だとは思うが。
プレゼンというよりスピーチだからなのかもしれないが、最初に結論を言ってくれないのが非常に分かりづらい。カッコよく始まるのは結構なことだけど(ここでは拉致の話)、最初に一言「嘘のニュースって怖いよね、ヤバいです、例えば…」みたいなのを入れればもっとメインのテーマがわかりやすいのだろう。自分も話す時気をつけたい。