EZO -いいぞ-

1分で考えたブログ名。特に、意味はない。

【TED-2】How to design a library that makes kids want to read

今日は何もない素晴らしい一日だった。

www.ted.com

字幕なし

Libraryに革新をもたらそうとしていることはわかった。タイトル的にも。
このおじさんはデザイナーらしく、スライドにちょいちょいスタイリッシュなロゴやらデザインやらが用いられていてカッコよかった(小並感)。実際ロゴは重要みたいな事を言っていて、L!BRARYというのはメールにも使いやすいよねとか、read(読むの過去形)とred(赤)の発音が同じことからテーマカラーを赤に設定したとか、OWLというテーマに色んな意味を持たせられるねとか、デザイナー感が溢れていた。
実際のL!BRARYの写真も出たが、明るくて喋れて自由な空間という印象だった。フリーな自習部屋って感じがした。

英語字幕

少し詳しく内容がわかったような気がした。特に大きく間違ってはいなかったが、ロゴを3つ作ったとか、ロゴを強調するんだとか、最初思ったより重要視していた。子どもが本を取れるように棚を低くしよう(?)とかもあった。

Google翻訳を駆使して日本語で内容を知った上で英文を見ながら

上で書いた棚の件、正確には「棚が低くて天井が高いからスペースがあまる、なんとかしてくれ」というくだりだった。聞き取れてない。
やっぱり喋るのが早い。英文を見ていても聞き取れない単語がある。もしかして台本と厳密には合ってないんじゃないかと思うくらいに聞き取れない。そういうものなのだろうか。
予期した結果・予期しなかった結果など、全然わかってなかった要素も多かった。早くも心が折れかける。